元気にもなれるダイエット

ダイエットも一つのエステです ボディラインの維持及び引き締めの為、女性が多く利用していますが一つ間違えると病気になる可能性を秘めています。

食事を一つ採って見ても栄養失調、過食症、拒食症、うつ状態、倦怠感等、様々な病気を引き起こす可能性が有ります。

プラン

しっかりプランを立て長いスパンで考える、急激な減量は体調不良やリバウンドのもとです。

食事は採る時間帯、栄養はバランス良く、睡眠の時間帯も考慮に入れて、毎日の生活リズムを作る事が大切です。

日々の自身のデータを取る事も効果的です。

それにより現状把握する事でストレスも減少させる事ができ、今後の改善策や方向性も見えて来ます 女性の方が水分を採らない傾向にあります。

ですが過剰でない限り、水分は便秘解消や代謝を良くする働きがありますので、意識して必ず適量を採るようにしましょう。

身体の一部を痩せさせたい運動も色々有りますが、主にウォーキングやジョギング等の全身を使った有酸素運動が効果的です 無理して栄養失調等、不健康になってしまってはリバウンドのもとにもなり兼ねませんし、意味がありません。

少々時間を掛けてでもじっくり健康的にダイエットに臨んで行ければ、心身ともに元気になる事が出来ます。

フェイシャルエステで見た目10歳の差!老け顔・たるみは今すぐ

少女のままでいられないアラフォーダイエットのコツ

偏食のくせに食いしん坊かつ、元エアロビクスインストラクターである私が実践しているのは、運動によるダイエットです。

あまりにも当たり前過ぎてガッカリした人も多いのではないでしょうか。

もっと楽に痩せられる方法を知りたい気持ちもわかりますが、経験上、運動によるダイエットが一番だと思っています。

さて、痩せるにはどうしたらいいのでしょう。

痩せるには、筋肉をつけて代謝を上げ、さらに有酸素運動により脂肪を燃やせばいいのです 実際、スポーツジムで定期的に運動を行うことにより、食事制限をしなくても、体重は現状維持できていました ところが、30代後半から徐々に体重は増え始め、運動をしても痩せられなくなりました 結婚しても、子供がいても、年をとっても、少しでもきれいに見られたいという女心からか、ダイエットはやめられないものです。

ジムのトレーナーに相談すると、「食事制限をしていないからでしょう」とのことでした。

運動さえしていれば、好きな物を好きなだけ食べても良かった少女の頃はそろそろ卒業のようです。

アドバイスを受け、今は、ほんの少しだけ食事制限を取り入れています 牛乳を低脂肪乳に、夜だけ炭水化物を抜き、その分タンパク質である豆腐とささみを食べる、週末の晩酌は醸造酒ではなく蒸留酒に、など、些細なことを続けています。

ダイエットを始めて半年になりますが、体重は2�s減、体脂肪率も2%減と、ストレスもなく順調です。

http://www.zutto-kirei.com/

健康管理は日々の心がけから

病気予防の心がけ 日々の生活を送る上で、健康管理に意識している人はどれくらいいるでしょうか。

毎日生活していて特に体の不調を感じず健康に過ごしている人は、これといった対策などせず漠然と健康を当たり前と感じている人が多いような気がします。

しかし、いざ病気にかかると人は必ず「健康が1番」と口にします。

心がけ

まずはこの心がけから改めていく必要があるのではないでしょうか。

病気にかかったら治せばいい、ではなく、病気にかからないように日々の生活を送るという、いわば予防の心構えを常に意識する事が大切です。

虫歯になってから歯磨きをしても遅いように、風邪をひいてからうがいをしても既に手遅れとなります。

たかが手洗いうがいと言って疎かにせず、帰宅したらまず手洗いうがいをする、そういう些細な行動が日々の健康管理につながります。

日々の運動の心がけ 日々の仕事に忙殺されて運動不足に陥りがちな方も多いと思います。

なかなか運動する時間がない、そういう言い訳をされる方も多いですが果たしてそうでしょうか。

運動というのは何も何時間も激しいスポーツをすればいいというものでもありません。

毎日30分だけでも歩く、エレベーターを使わずに階段を使う、そういう簡単な事から始める事です。

簡単でも毎日継続出来る事、それが日々の運動不足解消に繋がるのではないでしょうか。

自動車保険の更新時に費用を安くする方法はこちらをチェック

主食系が好きすぎて困っています…

とにかく主食系(米・パン・麺など)が大好きで、毎日3回欠かさず食べています。正直おかずなんかほとんどいらないくらいで白米だったらふりかけや海苔があれば茶碗3杯は食べられるし、うどんだったらゆでて醤油を少し垂らしただけで美味しくいただけるし、パンだったら何もつけずそのままばくばく食べられます。世間では糖質制限が大ブームでこれらの主食は目の敵にされているし、私もしっかり肥満傾向にあるのでできることなら主食は減らしていきたいのですが…どうしてもできません。コンビニやスーパーに行ってもまず最初に見るのはおにぎりのコーナーでその次は菓子パンのコーナーという主食まっしぐらコースをたどってしまいます。炊き立てご飯が食べられなくなるくらいならデブのままでもいいかなあ、とも思うのですが成人病が怖いので少しずつ減らしていけたらと思います。

なんでも食べることを心がけています

“私の朝ごはんは、白米にお味噌汁、前日の残り物で簡単に済ませることが多いです。簡単ですが、必ず朝は白米を食べるようにしています。
お昼は職場にお弁当を持っていきます。食堂もありますが、量が多くて私には合いません。
夕食は一汁三菜を基本にした和食中心もメニューを心がけています。
好き嫌いは特にないので、何でも食べるようにしています。お肉もお魚も両方好きなので、どちらも満遍なく食べたいのですが、お肉の方が料理しやすく少し偏る傾向になります。家族も好き嫌いがほとんどないので、なんでもよく食べています。
最近は健康にも気を付けていて、積極的に酢の物を摂ったり発酵食品を摂ったりしています。お徳用のもずくを買って、家で甘酢に付けて常備しています。家族も大好きな一品です。
家できちんとした食生活を心がけているので、外食は好きなものを食べに行ったりします。
家で焼けない炭火焼のお肉とか、いろいろな種類を食べられるお寿司が多いです。チェーン店に行くことが多いですが、普段とは違う食事にテンションが上がります。